スケートボードの種類

公開日: : 最終更新日:2018/07/12 基礎知識

現在はスケートボードと言っても、スケートスタイルによってデッキの形状、種類は様々は様々です。ここではスケートボードデッキの種類について紹介します。

 

ミニクルーザー

153_1_expand

その名の通り、クルージング用に開発されたミニサイズのスケートボードです。最近ではペニー(Penny)というブランドが開発したミニクルーザーが大流行した事でも有名ですね。小さくて軽いので持ち運びにも便利。コンビニや近場へのクルージングに最適です。デッキもパーツもカラフルな物が多いので、自分好みの組み合わせで楽しむことができます。

 

ストリート

chocolate1

「スケートボード」というとこのボードをイメージする方がほとんどだと思います。日本では最もポピュラーなスケートボード。飛ぶ、回す等のトリック系のスケートスタイルには欠かせないデッキです。スピード系やパワー系のスケートボードとは違い、オーリーやフリップなど、複雑なトリックを可能にします。こちらのサイト内の「ギア・パーツの選び方」「オススメブランド」は、このボードについて紹介しています。

 

オールドスクール

powell-peralta-old-school-ripper-100-skateboard-deck-red-black

80年代後半に流行したデッキです。長さはストリートデッキとほぼ変わりませんが、横幅が太いのと、ノーズとテールで形状が違うのが特徴です。オーリーなどのトリックが出始めた頃のデッキの為、キックフリップ等のトリックには不向き。スピードやパワー重視のデッキで、ボールやランプなどに向いています。幅が広く安定するので、ソフトウィールに組み替えて、街乗り用のクルーザーとしても使用できます。

 

クルーザー

9305162590009

移動手段として、気持ちよく街乗りを楽しむめのデッキです。ホイールベースが広く取られている為、安定性があり、初心者でも比較的簡単に乗る事ができます。ただし、デッキが長いので小回りはきき辛くなります。ソフトウィールと組むのが基本で、スノーボーダーのオフトレなどにもおすすめ。

 

サーフスケート

slide004

その名の通り、サーフィンのオフトレ用に進化したスケートボード。スラスターやカーヴァーと呼ばれる、前輪が大きく動くトラックを使用しており、よりサーフィンに近い感覚でスケーティングを行うことが可能です。デッキサイズはオールドスクール程度なので、トラックやウィールのセッティングを変えれば街乗り用のボードとして使用することもできます。

 

スケートボードの種類はこの他にもまだまだ種類がありますが、今回はこの5種類について紹介しました。ぜひ自分のやりやいスケートスタイル、用途にあったスケートボードを見つけてみて下さい。

 

Sponsord Link

関連記事

記事はありませんでした

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsord Link

153_1_expand
スケートボードの種類

現在はスケートボードと言っても、スケートスタイルによってデッキの形状、

VansLogo3-1
シューズブランド

おすすめスケートシューズブランド ここではおすすめのシューズブラ

spitfire-wheels
ウィールブランド

おすすめウィールブランド ここではおすすめのウィールブランドをブ

skateboarding_logos_1274622270
デッキブランド

おすすめデッキブランド スケートブランドの中でも、デッキは特に数

img56404553
おすすめベアリングブランド

ここではオススメのベアリングブランドを紹介します。 ベアリン

→もっと見る

PAGE TOP ↑