ウィールの選び方

公開日: : 最終更新日:2018/07/12 ギア・パーツの選び方

ウィールを選ぶ際のポイント

h-whee

ウィールとはスケートボードのタイヤのことを指します。ウィールはスピードや安定性を左右するパーツです。
ウィールは用途やスタイルによっていくつか種類がありますが、このコンテンツではストリート用のウィールに焦点を絞って解説します。以下の3点が選ぶ際のポイントになります。

  • 直径
  • 硬さ

 

ブランドからウィールを選ぶ

ウィールの直径

chokkei

ウィール選びで一番重要なポイントがこの直径です。一般的に販売されている直径のサイズは50mm〜60mmくらいです。直径の違いで以下のような特徴があります。

 

直径の大小の違い

  • 大:スピードあるダイナミックな滑りができますが、重くなります。
  • 小:軽くトリック向きですが、スピードが伸びません。

 

直径の違いによる重さの違いは数グラムの差ですが、フリップなどの板を回すトリックでは、その数グラムが大きく影響します。

 

初心者におすすめの直径は?

最初はバランスのとれた52〜53mmがオススメです。
※最近のウィールの平均は52mm前後です。この52mmを基準に、用途に合わせてセレクトしてみて下さい。

 

 

ウィールの幅

haba

ウィールの幅は安定性に影響します。幅が広い程、設置面積が広くなり安定しますが、重量は重くなります。
重さによるデメリットは直径の説明の通りです。

 

 

ウィールの硬さ

ウィールの硬さは【A】という単位で表されます。101Aがもっとも硬い数値で、数値が小さくなるほど柔らかくなります
現在主流のストリート用ウィールでは99Aが標準で、硬さの表記が無い場合はほとんどが99Aと考えてOKです。

 

硬さによる違い

  • 柔らかい:滑り心地が滑らか。いつも滑る場所が悪路で、スピードが出にくいという方におすすめ。
  • 硬い:スムースな路面のパークでしかスケートはしないという方におすすめ。

※基本的に、硬いウィールほど足の動きが反映されやすく、トリックがしやすいです。逆に柔らかい程トリックは難しくなります。

 

初心者におすすめの硬さは?

平均的な硬さとされている98や99がオススメです。

 

 

まとめ

初めて買う場合のおすすめウィールは…

  • 直径:52〜53mm
  • 幅:平均
  • 硬さ:98〜99A

上記を目安にセレクトしてみて下さい。

 

ウィールブランド紹介

ウィールブランドに関する記事はこちら

Sponsord Link

関連記事

2_hwshbp_600

ベアリングの選び方

ベアリングを選ぶ際のポイント ベアリングはウィールをスムーズに回転させるためのパーツで、ス

記事を読む

Black Venture

トラックの選び方

トラックを選ぶ際のポイント トラックとは、デッキとウィールを繋ぐ金属でパーツの

記事を読む

ae027-011-2

デッキの選び方

デッキを選ぶ際のポイント スケートボードの板のことをデッキ(DECK)と呼びます。デッキは

記事を読む

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsord Link

153_1_expand
スケートボードの種類

現在はスケートボードと言っても、スケートスタイルによってデッキの形状、

VansLogo3-1
シューズブランド

おすすめスケートシューズブランド ここではおすすめのシューズブラ

spitfire-wheels
ウィールブランド

おすすめウィールブランド ここではおすすめのウィールブランドをブ

skateboarding_logos_1274622270
デッキブランド

おすすめデッキブランド スケートブランドの中でも、デッキは特に数

img56404553
おすすめベアリングブランド

ここではオススメのベアリングブランドを紹介します。 ベアリン

→もっと見る

PAGE TOP ↑